西日本メディカルリンク株式会社

ˇ

現場の「声」VOICE

ホーム > 現場の「声」 > 

お客様から、そして社内で一緒に働く仲間からも頼られ、一番に声をかけて頂ける存在になる。

HHC事業部
2006年

私は、2006年に新卒でこの会社に入社しました。
入社以来、HHC事業部に所属しています。
HHC事業部では介護・福祉用品を病院や施設そして患者様へ販売しています。
日々の仕事は商品をお客様にお届けする事です。
商品を確実にお届けし、信頼していただくことで追加のご注文や見積もりの依頼、お困りごとの相談などの声をかけていただけるようになります。
担当する病院の看護師様から「電話しやすいから、ついあなたに電話をかけてしまうわ」「(訪問した際)ちょうどよかった。頼みたいことがあったのよ」「あなただから頼みやすいわ」と声をかけていただけることがあります。頼られていると実感でき、とてもやりがいを感じる瞬間です。もちろん初めからこのように言っていただけたわけではなく、最初は西日本メディカルリンクの社員であることを知ってもらうところから始まります。訪問を重ねる中で名前を覚えてもらい、少しずつ声をかけていただけるようになりました。仕事で失敗することもありましたが、訪問し続けることで、お客様から「ひとりでもしっかりしてきたね。」と言っていただいた時の嬉しさは今でも鮮明に覚えています。(先輩や上司のフォローもあって)

また、取り扱っている商品の性質上、病気を抱えている患者様もお客様になります。ある時、抗がん剤治療で髪が抜けてしまった女子高校生のお客様がいらっしゃいました。病気で髪が抜けたことで元気がなく、ふさぎこんでいるご様子でした。ところが、私がご用意した医療用ウィッグを試着され鏡をのぞいたそのとき、表情がぱっと明るくなったのです。隣にいた彼女のお母様も娘さんの明るい表情を見て、とても嬉しそうでした。
後日そのお母様にお会いする機会があり、「医療用ウィッグを購入して以来娘はとても明るくなりました。素敵なお仕事ですね。」との言葉をかけていただきました。これは入社以来いちばん思い出に残っている仕事であり、このお仕事を続けていくうえで、心の支えとなっています。

より多くのお客様から頼られる存在となるために、新規開拓もおこないます。当社の名前が知られていない病院を訪問し、商品を購入していただくために、まずは十分に現状をヒアリングして、お困りごとを解決できないか、当社だからこその付加価値はないかを丁寧にお話しします。

商品の切り替えをする場合には、病院内の関係部署や担当者の方々に納得してもらう必要があります。皆さんに納得していただけて初めて商品採用となります。初めて一人で担当した病院で採用して頂けたときの喜びは今でも忘れられません。自身の成長を実感できたとても嬉しい瞬間でした。

介護、福祉用品を売ることが、結果的に誰かの役に立っていたり、感謝されたりする仕事に私は誇りと自信をもっています。あのときお客様に言ってもらえたように、「素敵な仕事」と私自身も感じています。

入社から10年がたち、後輩も増えました。上司と部下の間に立つ立場です。今後は社内外で一層頼られる存在になるために、成長し続けたいと思います。

ü