西日本メディカルリンク株式会社

ˇ

現場の「声」VOICE

ホーム > 現場の「声」 > 

快適な医療現場を陰で支える
心強いパートナー。

岡山旭東病院
土井 章弘 院長

西日本メディカルリンクさんとは、当院が誕生したときからのお付き合い。長く30年近くに及ぶパートナーシップを築いています。その間、日進月歩する医療機器情報を絶えず細やかにいただき、より快適な現場づくりに役立ててきました。
これまで、ドクターや看護師が不自由なく患者さんに質の高い医療をお届けできたこと。御家族の方に幸せを育むお手伝いができたのは、西日本メディカルリンクさんをはじめ、お取り引きをいただいている皆さまのお陰です。また、患者さんの笑顔を見ることが何よりの励みになる私たちのモチベーションも、間接的にですが、実は皆さまのご協力で支えられています。

感謝してもし尽くせませんが、せめてもの気持ちをと年に一度、お取り引きさせていただいているすべての業者さんをご招待して、当院のパッチ・アダムスホールでパーティーを開いています。20回近くを数える毎年の恒例イベントになりましたが、西日本メディカルリンクさんは1回目からご参加いただいている大切なパートナー。お互いに成長していこうという志を片時も忘れることなく邁進してきた間柄です。振り返ればさまざまなことがありましたが、西日本メディカルリンクさんとともに成長する時間を共有できたことは、私にとって貴重な財産です。

今後は医療機器もさらに高度になり、複雑化するはずです。私たちも対応が求められますが、いま以上に「病院にとって本当に必要なものを、しっかりと提供してくれる」医療ディーラーの役割が重要になってくるのではないでしょうか? これからも一緒に成長していきたい西日本メディカルリンクさんには大いに期待しています。

プロフィール

1965年鳥取大学医学部を卒業し、岡山大学脳神経外科に入局。1970年から1972年まで米国留学(ペンシルバニア大学・ブロードストリート病院)し、1973年に岡山国立病院に勤務する。1975年3月から1987まで、香川県立中央病院 脳神経外科主任部長として勤務。同時に、岡山大学医学部非常勤講師、香川大学医学部の非常勤講師を務める。
1988年に、一般財団法人 操風会 岡山旭東病院院長に就任。脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院に向けて理念経営を目指している。
病院に癒しの文化を、との思いで「医療とアートの融合」をすすめ、「笑いとユーモア」を社会の中へと「おかやまあかいはな道化教室」を開催してクリニクラウンなどの必要性の啓蒙にも努めている。また、頭部外傷による脳損傷を防止する活動として交通事故防止のための講演活動も行った。
現在、社団法人日本病院会常任理事、中小企業家同友会全国協議会副会長、岡山市日中友好協会副会長など。
1996年岡山県救急医療功労表彰、2004年厚生労働大臣救急医療功労表彰、2011年瑞宝双光章 保健衛生功労を受賞した。

著書に「臨床 MRI入門」~脳神経・運動器疾患の検査のポイント~ 1990年
南山堂 土井章弘編集者共同執筆
「岡山旭東病院の経営指針実践事例集」経営書院発行 土井章弘監修 2005年

ü